今年も母の日を目前に作戦を立て、準備を進める子どもたち。2週間前から二人で自転車に乗って買い物に行ったり、部屋にこもって何やら作っていたり。ちょっぴりバレバレながらも一生懸命用意する二人が微笑ましく、あまり気づかないふりをしてきました。


そして今日、長女のY子は朝一緒に起きると、ママに朝ごはんのプレゼントを作るため、キッチンで初の野菜炒め作りに挑戦!最近スクランブルエッグを作ってくれたり、お料理に目覚めたY子は、不慣れな割には手際よく調理を進め、カレー味の野菜炒めを作ってくれました!これがなかなか美味しい❤️


午後には買い物から帰ると玄関先に次女N子からのお手紙が。宝探しゲームのように次々お手紙を辿っていくと、私のデスクの上にはプレゼントが置いてあり、Y子からもプレゼントが手渡されました✨ それぞれ開けてみると手紙と手作りハーバリウム、そしてアロマキャンドルやアロマストーンが入っていました⤴️ ダイソーやセリアで材料を揃え、調べて作ったらしいです。素敵✨


お手紙の中身は別々に書いた割には二人とも一緒で、ママがいつもお仕事を頑張っていること、お料理を作ってくれること、習い事をさせてくれることに対して、「ありがとう❤️」と言った感謝の気持ちを表してくれていましたが、驚いたのはY子の手紙。何故なら手紙が英語で書かれていたからです。普段は英語なんて苦手、と自信のなさから言ったりしますが、最近になって「算数よりは相当マシ!」と英語に対する気持ちも変わってきたようです😅


今年も母の日と言うイベントを通して子どもたちの成長を実感し、幸せな気持ちになれた1日でした❤️

前日までの強風はどこへやら、穏やかに晴れた土曜日の朝、平成最後の入園式が行われました☀️


昨年度の途中で入園されたお友だちも式典への参加対象となるため、今年入園式に参加されたご家族は約40組🌸 もちろん下は0歳児から上は年長さんまでですが、その半分は年少ガイアクラスのお友だちです💐 真新しいプリスクールの制服を身にまとい、とても嬉しそうにパパやママに寄り添いながら、壇上で話す先生やお客様のお話を聞いてくれました✨


認可外時代を含むと今年で6回目となった入園式🌸 初期卒園児は現在小学3年生となりましたが、卒園児の大多数が併設する学童クラブを利用しながら、英語、書道、音楽を継続して学んでいます。つまり、最長で0歳から小学6年生になるまでの12年もの間、子どもたちの成長に、途切れることなく関わらせて頂けるのがRainbow Wings Internationalなのです。


人間力の基礎を育むこの大切な期間。子どもたちの成長を、保護者の皆様と共に喜び合っていきたいと思います✨

平成30年度最後の日を迎えました。年長さんは制服を来てレインボーへ登園するのは今日が最後。在園児と先生たちから感謝と激励の言葉をかけてもらいました。最後のランチはみんなで一緒に、とホールに集まって頂くことに。最後の思い出となりました。


夕方駅前に行くと、ちょうど降園する卒園児と保護者にお会いでき、ご挨拶させていただくことができました。来週から学童やアフタースクールで会えるお友達が大半ですが、中には会えなくなってしまうお友達も。またぜひレインボーに元気な姿を見せに来てくださいね。


今年度もどうもありがとうございました。そして来年度もまたどうぞよろしくお願い致します✨

不安定な天候が続く中、神様がプレゼントしてくれたようにぽっかりとお天気に恵まれた土曜日、認定こども園の卒園式が執り行われました。


今年の主役は16名。素敵なローヤルブルーのキャップとガウンに身を包み、緊張した面持ちで入場してきました。卒園式に向けて毎日のように練習を重ねてきたため、練習通りにすればバッチリだったのですが、緊張と卒園と言う寂しさから言葉を詰まらせてしまうこどもたちも…。涙をホロリと流しながらも懸命に我慢する姿、嗚咽しながら泣く姿にたくましさやいとおしさを感じ、感動から涙が止まらない式となりました。


在園期間が最長の子は認可外開園時から共に成長してきた事もあり、まだまだ未熟だった園に大切なお子さまをお預けくださったことに感謝の念が尽きません。もっともっとこの先も子どもたちと共に成長し続け、子どもたちの人としての基礎力(生きていく力)を育てることに尽力していきたいと思います。

2月もついに終わりの日を迎えました。今年に入ってあっという間に2か月が経過し、年度末業務と新年度準備に追われ、毎日気が付くと1日が終わっている状況です。仕事に関連し、個人的に進めている勉強もあるのですが、勉強の時間は全く取れず、気持ちだけが焦って空回りしている日々を過ごしています。

 

さて、卒園式を来週末に控え、今週リハーサルを行いました。スピーチや歌、そして入場・退場の練習は進めてきましたが、キャップとガウンを身に着けて、全ての工程を行うリハーサルは初めてです。スピーチでは一人ひとりが緊張の面持ちでしたが、練習の成果を発揮することができ、子どもたちの成長を大きく感じることができました。またアレスクラスの歌のプレゼントはとても上手で、本番は涙を我慢することができるかどうか・・・。子どもたちの成長は本当にあっという間ですね。

 

そして今日はNurseryでクラス懇談会がありました。今年1年の子どもたちの成長を担任からお伝えするとともに、次年度についてのお話をさせていただきました。ヴィーナスクラスの子どもたちは、懇談会の最後に私から英語名を付与され、なんだこれ?と言った表情を見せていましたが、4月から外国人の先生と接するときは常に英語の名前で呼ばれます。きっとあっという間に自分のもう一つの名前として認識してくれることでしょう。大人になっても使ってもらえることを願っています。

卒園前最後の思い出作りに東京ディズニーランドに行って来ました。1週間前まではあまり天候も良くなさそうで心配していたのですが、昨日の時点では曇り☁️。ちょっぴり寒いものの風も無く、穏やかそう!


定刻に分園から出発したジュピタークラス全員は、チャーターしたマイクロバスに乗り、一路ディズニーランドへ向かいました。道路もスムーズで予定より早く到着できたため、ほぼ開園と同時にランド内へ入り、みんなが一番乗りたかったIt's a small worldへ。たくさんの世界を見つけては、嬉しそうに口々に先生たちに教えてくれました。そしてミッキーのフィルハーマジック、ミニーの家やドナルドのボートを楽しんでから念願のランチへ❤️2テーブルに分かれ、みんなで楽しいランチタイムを過ごしました。


ランチを食べているうちに雪が止むことを期待していたのですが、止むどころかたくさん降ってきています⛄ 全員レインコートを身につけて、朝一番で取っていたファストパスを使用し、予定外のプーさんのハニーハントを楽しみ、スティッチのアロハ.エ.コモ.マイ、ウェスタンリバー鉄道、ジャングルクルーズに予定外のカリブの海賊まで、大満足の1日となりました✨


定刻にディズニーランドを後にしたジュピターさん。たくさん歩いて、たくさん話して、たくさん楽しんだ後、帰りのバスでは夢の世界。きっと夢の中でもまだまだディズニーランドを楽しんでいることでしょう🎈


ジュピタークラスのみんなで過ごせる期間はあと少し。卒園しちゃうのは寂しいですが、4月には立派な小学生になることを思うと、とても嬉しい気持ちになります。出会いと別れに、子どもたちも私たちも成長させられていくのですね✨

すっかりご無沙汰してしまいました。

年が明けると通常業務に加え、新年度準備が始まります。書類の見直しや備品の発注等々、少しでも子どもたちが楽しく安全に過ごせるように、と準備を進めていきます。新年度からの入園児も決まり、新たな出会いを楽しみにしつつ、年度最後の大仕事である卒園式に向けて、一つ一つ丁寧に仕上げていきたいと思います。


さて、昨日から都内で施設長研修に参加しています。厚生労働省主催のため、全国から300名程の園長先生たちが集まり、講義を聞いて知識をアップデートしたり、同じ立場でディスカッションしたり、行くまでは気が重かったのですが、眠気に襲われる事も無く、とても有意義な時間を過ごさせてもらっています。明日は最終日。慣れない混雑した電車に乗る事だけが嫌ですが、またたくさんお勉強してきたいと思います。

新年、あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

平成最後の年越しとなった年末年始は宮城の姉の家に帰省し、雪深い中のんびり過ごすことができました。

宮城では、よく仕事帰りに職場の仲間と蔵王までスノーボードを滑りに行っていたのですが、千葉に引っ越してきてからは一度も滑らないこと十数年。もうウィンタースポーツとは無縁かと思っていたのですが、子どもたちが滑ってみたい!とのこと。リップスティックを乗りこなす二人なので、横滑りはいけるかな?と思いトライしてみることになりました。

 

年末年始は寒波到来、とは聞いていましたが、びっくりするくらい雪が降り積もり、姉の家の周りでも10cm位の積雪量に。近くのスキー場まで行く道中も雪のため、2車線が1車線になっていました。初めて滑る子どもたちにとって、新雪だなんてベストコンディション!連れて行った甥っ子たちもスノーボードは初めてでしたが、何度転んでも痛くないからどんどん練習がはかどります。次女のN子は甥っ子たち同様にガンガン攻めの体制で滑り慣れ、フカフカであまり加速しないこともあってスノーボードを楽しむことができました。一方の長女Y子はこんなところでも慎重派。パパの指導で滑り始めたのですが、坂を下ることに恐怖心を持ってしまい、泣きながら担いで下山すること2回。気分を変えるために一度休憩を挟み、ママと向き合って滑ることにしたらついにエンジン始動!帰る頃にはもっと滑りたい!と全員がニコニコ顔で初スノーボードを終えることができました。久しぶりに滑った私たち夫婦は、滑る感覚を忘れてなかったことに驚きつつもスノーボードの楽しさを実感することができたので、これからも子どもたちと一緒にスノーボードを楽しめるようにしていきたいと思っています。

 

スノーボードの翌日はアイスリンクへ。甥っ子たちがアイスホッケーをやっていることから、一番下の甥っ子が去年も子どもたちをアイススケートに連れて行ってくれたのですが、今年もまた3人でリンクへ。ここでもN子は走っては滑り、滑っては走るを繰り返し、宮城に住んでいたらアイスホッケーやりたかったのに!と言っていました。慎重派のY子も片足に重心を置いてきれいに滑れるように。こちらは宮城に住んでいたらフィギュアスケートができたのに、と言った感じでした。

 

冬の遊びを満喫できた冬休み。今年はまた新たなことにチャレンジしながら、ネクストステージに進んでいきたいと思います。

来月の発表会に向け、練習を始めて1ヶ月。あっという間にリハーサルの時期を迎えました。ナーサリーからは2歳児クラスヴィーナスさんがスクールバスと車を使って本園へ移動。ステージ上での練習を味わいました。最初は慣れない環境に緊張した面持ちでしたが、練習を繰り返すうちにすっかり慣れ、最後のダンスでは満面の笑顔。頑張った後は大好きなお砂遊びを楽しんでからナーサリーへの帰途につきました。

 

プリスクールのみんなは劇やダンスのリハーサルに加え、音楽発表のリハーサルを実施しました。初めて衣装を着けて実施した練習に気分は上がり、みんなとても嬉しそうでした。発表会まであと1週間。楽しみながら練習を継続し、当日は素敵なパフォーマンスをご披露できるよう、頑張りたいと思います。

秋晴れに恵まれた11月3日土曜日☀️ 両親、姉一家と我が家の11人と1匹が関東のとある場所に集まりました。金婚式を迎えた両親をお祝いするためにです。姉と一緒に春先から準備を進めてきたこのプレゼント💐 そしてその時を迎えました✨


チャペルのドアに立つ両親🕍 母は素敵なウェディングドレスに身を包み、凛とした表情をしています。父はタキシード姿となり、満面の笑みを浮かべていました。そう、私たちがプレゼントしたのはチャペルでのウェディングだったのです✨


以前「一度ウェディングドレスを着てみたかったわ」と話をしていた母。当時は着物を着ての神前式が主流だったため、ドレスへの憧れを抱いていました。せっかく夫婦揃って迎えられた金婚式を特別なものにしてあげたい✨ 


50年の時を経て、再び永遠の誓いを交わした二人。親の結婚式に参列すると言う状況に、ただただ、感動するばかりでした❤️ 両親の元に生まれたことを感謝しつつ、お祝いできたことを本当に幸せに思いました✨ これからも二人が元気に歳を重ねられるよう、祈り続けたいと思います。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM