6月は個人的に忙しい日々が続いており、なかなか更新できずに7月を迎えてしまいました。認可外保育園設立時から「園長」となり、認可園の園長になるために平成28年度は1年間かけて資格取得もしました。でも子どもを扱う「保育」や「教育」は奥が深く、私たちの関わりによって、子どもたちのその後の成長も大きく変わると思うと本当に責任重大です。そこで昨年秋から自分自身のための学びを始めることにしました。

 

学びにはいくつか分野があるのですが、その1つがピアノです。幼少期7〜8年は習っていたので楽譜はなんとなく読めたり、音を聴いて音符に替えることはできますが、ほぼ30年振りのピアノ・・・。最初は指が全く動かず、頭では分かっていても思うように弾けず苦労しましたが、始めてから半年以上が経ち、今ではだいぶ指も動くようになってきました。家でピアノを練習していると子どもたちも一緒になって弾きたがるため、以前の様に「ピアノを練習した?」と問いかける必要はなく、ピアノの取り合いで喧嘩が勃発してしまう日々。弾けるようになるとますます弾くことが楽しいので、ちょっとしたストレス発散にもなっています。この学び、課題曲をトータル34曲こなさなくてはならないため、月に1回ペースで試験を受けていますが、ようやく約半分を終えそうなところまで来ています。毎回本当に緊張してしまうため、早く終えたい気持ちはもちろんありますが、終わった後も趣味の一つとしてピアノを続けていけたら素敵だなぁ、と思っています。

千葉県金融広報委員会が行っている金銭教育研究校に、RWIが今年度から2年間の委嘱を受け、昨日委嘱状の交付を受けて参りました。千葉県では幼児向けの研究校としての委嘱はRWIが初めてで、全国的にもまだ数園しか委嘱を受けておらず、県内には幼児向けの金融アドバイザーも存在していません。まだまだ色々と手探り状態ではありますが、RWIでは数年前から金銭教育には取り組んでおり、更に充実させられれば、と思っております。

 

何でもすぐに手に入る、物があふれているこの時代の中で、子どもたちが「もったいない」という概念を理解したり、お金を稼ぐことの大変さと大切さ、そして稼いだお金を計画的に使うこと等を伝えていくことを目的とし、子どもたちが楽しみながら学べるように2年間活動していきたいと思います。

今朝は大雨が心配で、朝起きてすぐに天気予報とにらめっこしていたため、「おめでとう!」と言われるまで、誕生日だということをすっかり忘れていました。小学校も自宅待機になるかも、と嬉しさからなぜか早起きな子どもたちでしたが、結局は予想していたよりも雨が降る時間も遅くなり、無事に小学校へ登校することに。子どもたちは残念がっていましたが、私はちょっぴり一安心。プリスクールの子どもたちは私が分園に到着すると、みんなで「Happy Birthday!」と昨日に引き続きお祝いをしてくれました。

 

午前中の雨対策と見学の対応を終え、本園に到着すると、私のデスクには素敵な花束が! そしてハッピーバースデーを歌ってくれる先生たち。午後にはプリスクールの先生たちがケーキとカードを用意していてくれて、またまたハッピーバースデーを歌ってくれました♪ ナーサリーからは「お誕生日おめでとう!」と子どもたちが言っている動画のプレゼント♡

 

今まで生きてきた中で、一番多くの方に祝ってもらった誕生日♡ かわいい子どもたちと素敵なスタッフに囲まれ、本当に幸せな一日となりました。私の今年の目標は笑顔で過ごすこと。笑顔でいれば必ず幸せが舞い込んできます。家庭でも園でも常に太陽でいられるように頑張りたいと思います。みんな、本当にどうもありがとう♡

5月のお誕生会を先週金曜日に開催しました。まずはナーサリーでお祝いをし、その後私がプリスクールへ移動してお祝いをしたのですが、ナーサリーではなんと5月生まれの私にもメダルのプレゼントが✨ ナーサリーの子どもたちから「おめでとう🎉✨😆✨🎊」って言ってもらい、先生たちの素敵な計らいに、気持ちがほんわか温かくなりました❤️

 

そして今日、お昼に本園に到着すると、数名の子どもたちが私をエスコートしにやってきました。2階に上がるとびっくり👀‼️ プリスクール全員がホールでハッピーバースデーの歌と共に出迎えてくれたのです。私のためにランチパーティーを開いてくれたプリスクールのみんな❤️ 一人一人が描いた私の似顔絵をクラス毎にプレゼントしてくれました✨ 子どもたちから英語で質問された私の夢は、「みんなが大きくなった時に、RWIでパーティーをすること🎵」 頂いた似顔絵を大切に、企画してくれた先生たちの心遣いとお祝いしてくれた子どもたちの優しさに、とても嬉しい1日になりました❤️

お誕生日が平日だったため、当日は夜に焼肉を食べに行くことしかできませんでしたが、数日かけて次女N子の8歳のお祝いをしました⤴️ 焼肉屋さんでは疲れと恥ずかしさから、写真も取らせてくれなかったN子。ケーキは今年もパパの手作りがいい、との事で土曜日の午後から焼き、夕方に姉妹でデコレーションをして、夜にハッピーバースデーを歌ってのお祝いをしました✨ 今年のプレゼントはビーズが入った犬のぬいぐるみと本が3冊。全て彼女のリクエスト通りだったので、大満足の様子でした❤️


普段は姉が生活の中心になりがちなため、ちょっぴり寂しがりやのN子😅 まだまだ気持ちのコントロールや表現も未熟なため、時折フラストレーションから爆発をしますが、丁寧に対応してあげるとハイパフォーマンスで応えてくれます✨ これからも優しいN子の心を満たしてあげられるよう、母として頑張りたいと思います👊


ちなみにこっそり教えてくれた彼女のバースデーウィッシュは、お姉ちゃんともっと仲良しになれますように❤️でした😄

今年も母の日を目前に作戦を立て、準備を進める子どもたち。2週間前から二人で自転車に乗って買い物に行ったり、部屋にこもって何やら作っていたり。ちょっぴりバレバレながらも一生懸命用意する二人が微笑ましく、あまり気づかないふりをしてきました。


そして今日、長女のY子は朝一緒に起きると、ママに朝ごはんのプレゼントを作るため、キッチンで初の野菜炒め作りに挑戦!最近スクランブルエッグを作ってくれたり、お料理に目覚めたY子は、不慣れな割には手際よく調理を進め、カレー味の野菜炒めを作ってくれました!これがなかなか美味しい❤️


午後には買い物から帰ると玄関先に次女N子からのお手紙が。宝探しゲームのように次々お手紙を辿っていくと、私のデスクの上にはプレゼントが置いてあり、Y子からもプレゼントが手渡されました✨ それぞれ開けてみると手紙と手作りハーバリウム、そしてアロマキャンドルやアロマストーンが入っていました⤴️ ダイソーやセリアで材料を揃え、調べて作ったらしいです。素敵✨


お手紙の中身は別々に書いた割には二人とも一緒で、ママがいつもお仕事を頑張っていること、お料理を作ってくれること、習い事をさせてくれることに対して、「ありがとう❤️」と言った感謝の気持ちを表してくれていましたが、驚いたのはY子の手紙。何故なら手紙が英語で書かれていたからです。普段は英語なんて苦手、と自信のなさから言ったりしますが、最近になって「算数よりは相当マシ!」と英語に対する気持ちも変わってきたようです😅


今年も母の日と言うイベントを通して子どもたちの成長を実感し、幸せな気持ちになれた1日でした❤️

前日までの強風はどこへやら、穏やかに晴れた土曜日の朝、平成最後の入園式が行われました☀️


昨年度の途中で入園されたお友だちも式典への参加対象となるため、今年入園式に参加されたご家族は約40組🌸 もちろん下は0歳児から上は年長さんまでですが、その半分は年少ガイアクラスのお友だちです💐 真新しいプリスクールの制服を身にまとい、とても嬉しそうにパパやママに寄り添いながら、壇上で話す先生やお客様のお話を聞いてくれました✨


認可外時代を含むと今年で6回目となった入園式🌸 初期卒園児は現在小学3年生となりましたが、卒園児の大多数が併設する学童クラブを利用しながら、英語、書道、音楽を継続して学んでいます。つまり、最長で0歳から小学6年生になるまでの12年もの間、子どもたちの成長に、途切れることなく関わらせて頂けるのがRainbow Wings Internationalなのです。


人間力の基礎を育むこの大切な期間。子どもたちの成長を、保護者の皆様と共に喜び合っていきたいと思います✨

平成30年度最後の日を迎えました。年長さんは制服を来てレインボーへ登園するのは今日が最後。在園児と先生たちから感謝と激励の言葉をかけてもらいました。最後のランチはみんなで一緒に、とホールに集まって頂くことに。最後の思い出となりました。


夕方駅前に行くと、ちょうど降園する卒園児と保護者にお会いでき、ご挨拶させていただくことができました。来週から学童やアフタースクールで会えるお友達が大半ですが、中には会えなくなってしまうお友達も。またぜひレインボーに元気な姿を見せに来てくださいね。


今年度もどうもありがとうございました。そして来年度もまたどうぞよろしくお願い致します✨

不安定な天候が続く中、神様がプレゼントしてくれたようにぽっかりとお天気に恵まれた土曜日、認定こども園の卒園式が執り行われました。


今年の主役は16名。素敵なローヤルブルーのキャップとガウンに身を包み、緊張した面持ちで入場してきました。卒園式に向けて毎日のように練習を重ねてきたため、練習通りにすればバッチリだったのですが、緊張と卒園と言う寂しさから言葉を詰まらせてしまうこどもたちも…。涙をホロリと流しながらも懸命に我慢する姿、嗚咽しながら泣く姿にたくましさやいとおしさを感じ、感動から涙が止まらない式となりました。


在園期間が最長の子は認可外開園時から共に成長してきた事もあり、まだまだ未熟だった園に大切なお子さまをお預けくださったことに感謝の念が尽きません。もっともっとこの先も子どもたちと共に成長し続け、子どもたちの人としての基礎力(生きていく力)を育てることに尽力していきたいと思います。

2月もついに終わりの日を迎えました。今年に入ってあっという間に2か月が経過し、年度末業務と新年度準備に追われ、毎日気が付くと1日が終わっている状況です。仕事に関連し、個人的に進めている勉強もあるのですが、勉強の時間は全く取れず、気持ちだけが焦って空回りしている日々を過ごしています。

 

さて、卒園式を来週末に控え、今週リハーサルを行いました。スピーチや歌、そして入場・退場の練習は進めてきましたが、キャップとガウンを身に着けて、全ての工程を行うリハーサルは初めてです。スピーチでは一人ひとりが緊張の面持ちでしたが、練習の成果を発揮することができ、子どもたちの成長を大きく感じることができました。またアレスクラスの歌のプレゼントはとても上手で、本番は涙を我慢することができるかどうか・・・。子どもたちの成長は本当にあっという間ですね。

 

そして今日はNurseryでクラス懇談会がありました。今年1年の子どもたちの成長を担任からお伝えするとともに、次年度についてのお話をさせていただきました。ヴィーナスクラスの子どもたちは、懇談会の最後に私から英語名を付与され、なんだこれ?と言った表情を見せていましたが、4月から外国人の先生と接するときは常に英語の名前で呼ばれます。きっとあっという間に自分のもう一つの名前として認識してくれることでしょう。大人になっても使ってもらえることを願っています。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM