今年度も折り返し地点を通過し、今日から年度の後半に入りました⤴️ 年度の後半は行事が多いため、いつもあっという間に年度末を迎えてしまいます😅

 

今日は記念すべきRWI7歳のお誕生日🎂 月日が経つのは本当に早いものですね。おかげさまで今までたくさんの方からご支援頂き、たくさんの保護者から叱咤激励され、ここまで成長させてもらうことができました✨ 本当にありがとうございます❤️ 認可外保育園で始まり、認定こども園に成長し、当時からいるスタッフはもう7年のお付き合い。今尚素敵なスタッフに恵まれ、園の運営をできることに、改めて幸せを感じています✨ みんな、いつもありがとう❤️

 

7歳を迎え、RWIは更なる進化をすべく、認定こども園、学童クラブのみならず、別法人で運営しているアフタースクールと事業所内保育園も加え、本日より「RWI Family」を発足いたしました🌈 全てが揃ってRWIの魅力となるRWI Familyを今後ともどうぞよろしくお願いいたします🌏

天気に恵まれた土曜日、子供たちが通う小学校の運動会がありました☀️ 長女にとっては最後の運動会。母としては、3年連続応援団の勇姿を期待していたのですが、「人気があるから、今年は違う係にするわ。」とあっさり身を引き、「放送係をしようかな?でもオーディションがあるんだよね。無理かも。」と相談がありました。「給食係でも放送は担当して慣れてるし、その声の大きさとしゃべりを活かせるからぜひ頑張ってみたら❗」と押したものの、その後何の係になったのか教えてくれず、本番当日を迎えました。

 

次女の徒競走、長女の徒競走を観覧し、合間に本部付近を通過しようとすると、「ほら、あそこ。」とパパが指差した先には放送席で原稿片手に放送している長女がいました。私には本番まで内緒にして、驚かせたかったそうで、放送係のゼッケンは自分でこっそり縫い付け、ゼッケンが付いた体操服は私に見つからないよう、気を遣いながら洗濯乾燥した、との事でした✌️ 薄々は気づいていたのですが、違う姿を見せたかった長女のサプライズ演出が嬉しく、成長を感じる一幕となりました❤️ ちなみに練習は学童に向かうバスの中でしていたそうで、特にリレーの放送は学年、名前、色を間違えない様、かなり気を使って練習したことを教えてくれました。

 

今年の姉妹対決は、妹の赤組が2点差で白組に勝利🎊 悔しがってはいたものの、自主的に取り組んだ放送係のお仕事を全うし、とても晴れやかな表情をしている長女でした✨ お疲れ様でした🎉

 

追伸1:競技中に一回転して肘を擦りむいてしまいましたが、もちろん次女もすべての種目を全力で頑張りました✨

 

追伸2:小学校では我が子以外に卒園児と学童クラブに通う子供たちも応援することができ、見応え十分、楽しいひとときでした☺️

今年2回目のインターナショナルデーを実施しました。今回の設定国はナイジェリア🌏年中アレスクラス担任の先生の祖国です。こどもたちはクラス毎にナイジェリアの楽器に見立てたクラフト製作をして、プレゼンテーションを聞くためホールに集合しました。年少ガイアクラスは、給食試食会に参加するパパとママも一緒です✨


まず世界地図で日本を探し、そこからナイジェリアまでひとっ飛び✈️ プロジェクターで写真を見ながらひとつひとつ説明を聞きました。


アフリカの西海岸に位置するナイジェリアは、ナイラと言う紙幣通貨をつかっています。貧富の差が大きく、公立校では机も椅子もなかったり、子どもたちは靴も履いてなかったり…。校舎もなく、青空教室も普通にあるそうです。通園通学の道のりは一人で遠い距離を歩き、学校が終わると家計の足しに物を売ったり、お水を汲みに行ったり。電気は通っていないため、ランタンでの生活は当たり前で、発電機を持っている家庭は恵まれている、との事。最後はナイジェリアの言葉で歌を披露してくれた先生💃 歌に合わせて作った楽器で子どもたちはリズムを刻み、楽しいうちにイベントは終了しました🎶


イベントの後は給食の試食会です🍴 ガイアさんだけホールに机と椅子を出し、幼児食にアレンジしたナイジェリア料理の炒めご飯とサラダ、コンソメスープを参加してくれたママやパパと一緒に美味しく頂きました⤴️


イベントを通して日本とは真逆な生活を知り、今自分たちが置かれている環境がいかに恵まれているか、ちょっとだけでも感じてもらえたら…。「家に帰ったら、電気や水があること、園へ送迎してくれる事等々、パパとママに「ありがとう」って言おうね。」と先生からお話がありました。みんなお家でパパやママに話してくれたかな?全てが理解できなくても、この現代に地球の違う場所ではあんな生活もあるんだ、と言うことが理解してもらえたら。これからもインターナショナルデーで世界を紹介していきたいと思います🌏

9月もあっという間に半ばを迎え、今年も敬老の日会が行われました。まずRWI敬老の日会として、年長Jupiterクラスのおじいちゃま、おばあちゃまにお集まり頂き、孫たちとの楽しいひとときを過ごして頂きました⤴️ ホスト役のJupiterさんは朝から自分たちのおじいちゃん、おばあちゃんが来るためそわそわウキウキ😃🎵 歌を披露し、ダンスを一緒に踊り、そしてゲームで大盛り上がり😉👍 短い時間ではありましたが、貴重な時間を過ごすことができました✨


そしてもう一段は開園以来毎年実施している、市内老人ホーム「みどり荘」に入居されているおじいちゃま、おばあちゃまを対象にした敬老の日会。今年は新しく、そして近くなった施設へお邪魔し、歌を3曲とダンスを披露し、子供たちからおじいちゃま、おばあちゃまへプレゼントを手渡ししてきました💐


子供たちからおじいちゃん、おばあちゃんへ送ったハガキは喜んで頂けたでしょうか?来年もまた、感謝の気持ちを届けられるようにしたいと思います💓

8月最後の日を迎えました。土曜日でしたがいつも通りの時間に起き、身支度を整えると電車に揺られていざ通学。資格取得のためにピアノを弾いている事は以前お伝えしましたが、もちろん勉学の方もあり、この夏は許される範囲でスクーリングに参加し、単位取得を進めていたのです。


同じように志を持つ仲間と出会い、互いに勇気をもらいながら、夜遅くまで宿題をしたり、試験勉強をしたり、と駆け抜けたこの夏。各教科とも内容はとても色濃く大変でしたが、多くの事を学ぶことができました。


この歳だからこそ学び直しは新鮮で、更なる目標も見え隠れしてきました。9月以降はまた自分を律しながらレポート提出を進め、ピアノも一つ一つ頑張っていきたいと思います。

かねてから子供たちを連れていきたいと思っていたアメリカメイン州。私の人生を変えた高校留学思い出の地です。東海岸最北端となるため日本からはあまりにも遠く、なかなか訪れる事ができませんでしたが、今年はついに約20年振りの訪問を果たすことができました。

 

片道20時間の旅でしたが、子供たちは映画を見たり、寝たり、食べたり、と周りの環境に圧倒されることなく、初めてのアメリカ行きを楽しみ、現地時間の深夜に無事到着。アメリカ人の友人が出迎えてくれ、30年ぶりの再開を果たすことができました。

 

30年前の夏、互いに高校生だった時、彼女が私の家にホームステイし、その翌年私が彼女の家に1年間ホームステイさせていただいたことから始まったご縁。30年の時を経てなお私の大切なアメリカの家族。

 

毎日毎日、子供たちがたくさん楽しめるよう、みんなでたくさんの楽しい事を計画してくれたおかげで、本当にたくさんの楽しい思い出を作ることができました。気球祭りではたくさんの気球が膨らみ、間近に飛び立つ様子に感動し、ホストファーザーの自宅にある大きなプールでは自由に楽しく遊んだり、ホストマザーの家ではロブスターをお腹いっぱい堪能し、景色が壮大な大西洋の湾でクルージングを楽しみ、私も30年前に連れていってもらった遊園地で初めてのフェイスペインティングを体験し…。

 

英語に関しては恥ずかしがってなかなか子供たち自身から発してはくれませんでしたが、話しかけられた内容を理解でき、実際に会話に繋がる楽しさを感じてくれたのでは…。

 

アメリカにもじいじとばあば、おばちゃんができ、とても楽しい里帰りとなりました。これを機に海外に興味を持ち、英語を話せる楽しさに気づいてくれたらいいなぁ、と期待しています。英語で手紙を書いて送りたい、と言っていた子供たちの気持ちが新鮮なうちに、お礼のお手紙を送りたいと思います☺️ 

週間天気予報とにらめっこする中、今年は晴れの予報だから園庭で❗と考えていた矢先、今年も台風が発生してしまい、雨プランを検討しなくてはならない状況になってしまいました⤵️ でも何とか園庭でナーサリーとプリスクールを分けずに開催したい⤴️と検討を重ねた結果、晴天プランを決行☀️ 風が強い中とはなりましたが、おかげさまで多くの子どもたちとご家族にご参加頂き、無事に夏祭りを終える事ができました✨


今年もPreschool幼児さんのテーマはお買い物。ちょっと前に行ったRainbow Marketの成果もあり、どのお友だちも店員さんに買いたい物の値段を聞いたり、正しい金額を支払ったり、と英語を使ってお買い物することができました👍 そして今年は自分で作ったサンバイザーを大好きなパパやママにお店で買ってプレゼント💐 カレーライスやゼリーに枝豆、アイスクリームを食べながら、楽しい一時を過ごしました🎆 


そして今年も学童のお友だちは飲み物屋さん、駄菓子屋さん、糸くじ屋さんとヨーヨー屋さんを夏祭りに出店😉 出店準備から自分たちで考え、当日は売り子としても大活躍していました✨ 


今年は特別ゲストとして、順天堂大学鈴木研究室から大人の体力測定ブースをご用意⤴️ 立ち寄られた保護者の方に握力や立ち幅跳び等、楽しみながら測定していただきました😉 


暑かったけど、楽しかったね😄

皆さま、お疲れ様でした〜🎵

6月は個人的に忙しい日々が続いており、なかなか更新できずに7月を迎えてしまいました。認可外保育園設立時から「園長」となり、認可園の園長になるために平成28年度は1年間かけて資格取得もしました。でも子どもを扱う「保育」や「教育」は奥が深く、私たちの関わりによって、子どもたちのその後の成長も大きく変わると思うと本当に責任重大です。そこで昨年秋から自分自身のための学びを始めることにしました。

 

学びにはいくつか分野があるのですが、その1つがピアノです。幼少期7〜8年は習っていたので楽譜はなんとなく読めたり、音を聴いて音符に替えることはできますが、ほぼ30年振りのピアノ・・・。最初は指が全く動かず、頭では分かっていても思うように弾けず苦労しましたが、始めてから半年以上が経ち、今ではだいぶ指も動くようになってきました。家でピアノを練習していると子どもたちも一緒になって弾きたがるため、以前の様に「ピアノを練習した?」と問いかける必要はなく、ピアノの取り合いで喧嘩が勃発してしまう日々。弾けるようになるとますます弾くことが楽しいので、ちょっとしたストレス発散にもなっています。この学び、課題曲をトータル34曲こなさなくてはならないため、月に1回ペースで試験を受けていますが、ようやく約半分を終えそうなところまで来ています。毎回本当に緊張してしまうため、早く終えたい気持ちはもちろんありますが、終わった後も趣味の一つとしてピアノを続けていけたら素敵だなぁ、と思っています。

千葉県金融広報委員会が行っている金銭教育研究校に、RWIが今年度から2年間の委嘱を受け、昨日委嘱状の交付を受けて参りました。千葉県では幼児向けの研究校としての委嘱はRWIが初めてで、全国的にもまだ数園しか委嘱を受けておらず、県内には幼児向けの金融アドバイザーも存在していません。まだまだ色々と手探り状態ではありますが、RWIでは数年前から金銭教育には取り組んでおり、更に充実させられれば、と思っております。

 

何でもすぐに手に入る、物があふれているこの時代の中で、子どもたちが「もったいない」という概念を理解したり、お金を稼ぐことの大変さと大切さ、そして稼いだお金を計画的に使うこと等を伝えていくことを目的とし、子どもたちが楽しみながら学べるように2年間活動していきたいと思います。

今朝は大雨が心配で、朝起きてすぐに天気予報とにらめっこしていたため、「おめでとう!」と言われるまで、誕生日だということをすっかり忘れていました。小学校も自宅待機になるかも、と嬉しさからなぜか早起きな子どもたちでしたが、結局は予想していたよりも雨が降る時間も遅くなり、無事に小学校へ登校することに。子どもたちは残念がっていましたが、私はちょっぴり一安心。プリスクールの子どもたちは私が分園に到着すると、みんなで「Happy Birthday!」と昨日に引き続きお祝いをしてくれました。

 

午前中の雨対策と見学の対応を終え、本園に到着すると、私のデスクには素敵な花束が! そしてハッピーバースデーを歌ってくれる先生たち。午後にはプリスクールの先生たちがケーキとカードを用意していてくれて、またまたハッピーバースデーを歌ってくれました♪ ナーサリーからは「お誕生日おめでとう!」と子どもたちが言っている動画のプレゼント♡

 

今まで生きてきた中で、一番多くの方に祝ってもらった誕生日♡ かわいい子どもたちと素敵なスタッフに囲まれ、本当に幸せな一日となりました。私の今年の目標は笑顔で過ごすこと。笑顔でいれば必ず幸せが舞い込んできます。家庭でも園でも常に太陽でいられるように頑張りたいと思います。みんな、本当にどうもありがとう♡


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM